神経症の傷病名で障害基礎年金2級の支給が決定した事例

傷病名

強迫性障害

請求者

30代女性

結果

障害基礎年金2級

依頼者の状況

学生時代より神経症で精神科の受診があり、調子に波があるものの長期間病気に悩まされていた。症状が酷くなり障害年金の請求に辿り着いた。

請求のながれ

病歴が長く受診した医療機関の数も多く、初診日を確定するまでに時間を要した。事後重症請求を行う。神経症の傷病名のため不支給決定となり審査請求・再審査請求と進んだ。精神病の病態である事が認められ事後重症請求が認められた。

[ 社労士コメント ]

傷病名が「神経症」であっても、障害年金が支給される事もあるので、あきらめず一度相談をして頂きたいです。

目次
閉じる